スポンサーリンク

2017年03月16日

ストレスからの解放

私が太った原因は
食べすぎというのはもちろんなんですが
ストレスですね。

ストレス.jpg

がんの原因のひとつに
ストレスがあるように

ほんとうに、ストレスだらけの生活でした。
もっと苦しいストレスだったら
痩せるのでしょうが

まだなんとかなるんじゃない?くらいの
ストレスって本当にだめですね。
食べることに走ってしまいます。

ガンだとわかってから
いろんな人のブログを読んだり
話を聞くと

みんなそれなりに落ち込むし
どうしようと不安だらけの人ばかりでした。

私も不安がなかったかと言ったら
もちろんありましたが

ひらきなおりですね。


スポンサーリンク






もう、ガンになってしまったんだから
手術するしかないし
死んじゃったらそれでしかたないと。

子供もいないので、気楽といえば
気楽だったのかもしれません。

嫌なことから開放されるかもしれないし
死んでしまうのもありかと
開き直りです。

手術に対する恐怖心もなかったし
臓器がいくつかなくなることで
体も軽くなるし、心も軽くなった気がします。

ガンだとわかる前より
今のほうがずっと元気で明るいらしいです。

最初の病院でガンだと告知されたあと
1人で車の中で泣きましたが
その後は泣きませんでした。

自分の両親や、夫の両親にさえ
病気のこと、手術入院することを
知らせませんでした。

あー、ガンになっちゃった。
さっさと手術して
おしまいにしよう・・・
そんな感じでした。

手術室まで歩いていくときに
夫に
がんばってと言われて

私は寝てるだけ、がんばるのは先生だから
大丈夫


と緊張もしないで手を振って歩いていきました。

一緒に歩いて手術室まで連れて行ってくれた
研修医の人も、ちょっとびっくりしてました。

何がいいたいのかというと
ずっとネガティブだった私ですが
少しだけ、この病気になって手術したおかげで
前向きになれたかな。
posted by めぐ at 12:00| Comment(0) | 日記

2017年03月15日

開腹か内視鏡か

手術から1年2ヶ月経過しました。
毎日元気に飛び回っています。

今でも、同じ病気の人のことが
気になるので
ブログチェックをしたり
いろんなサイトをみてまわっています。

そこで目に付いたのは
太りすぎなので開腹手術とか
太りすぎで手術できないとか

実際、私はかなり太りすぎ。
一番太っていたときで
162cm 89kgまでいきました。
かろうじて90kgまでいかなかったという。

昔から太っていたわけではなく
30歳くらいから太り始めて
40歳のときには85キロくらいは
ありましたね。

ときどきダイエットして
痩せてはリバウンドの繰り返しで
内臓脂肪が大量についています。


スポンサーリンク






もしかしてガンなのかも?と思いはじめてからは
甘いものをやめて玄米食べたりして
とりあえず手術前には80キロくらいまでは
減らしました。

私の手術した病院では
ダイエットしろとも言われなかったし
内視鏡の選択肢はありませんでした。

開腹だと入院期間が長いとか
元気になるまで時間がかかるとか
あるとは思いますが

私の場合は退院後
そのまま仕事に行ってしまうくらいの
回復力でしたので
あまり気になりませんでした。

たぶん、他の人より
術後の回復は早かったと思います。

そんわけで太りすぎで手術できないというのは
言われませんでした。
でも、自主的にダイエットをしました。
posted by めぐ at 11:58| Comment(0) | 手術
スポンサーリンク