スポンサーリンク

2016年05月21日

早期発見なら

私の場合、なんかおかしいな〜と
半年くらい放置していましたが
幸いにも初期の子宮体がんで
抗がん剤もなしで、手術のみですみました。

手術前はどうなるんだろうかと
不安で、ネットでいろいろと
検索しまくりました。

本当に私の場合にしか
当てはまらないかもしれませんが
初期なら手術だけですみます。

1月半ばに手術して2月下旬には
ゴルフコースに行ってしまうほど
手術のあとの回復も早くて
普通に生活できています。

仕事も入院していた
9日しか休みませんでした。
(土日含む)

いちおう開腹手術でしたけど
入院していた間だけ休みで
退院後翌日から仕事復帰しました。

事務仕事で、自宅からも近いし
痛かったら早退すればいいやと
思っていたので。

私の場合は特殊だと思いますが
(仕事復帰)
そうゆう例もあるんだということで。


スポンサーリンク






手術する病院も特に選びませんでした。
最初の個人病院で
がんセンターを紹介されそうになったけれど

がん
という名称がつくのがいやで
自宅近くの大学病院にしてもらいました。

大学病院も混雑することなく
予約の時間から30分以内に呼ばれて
とんとん拍子に手術への段取りが進んでしまいました。

術前のいろいろな検査でも
他に問題がなかったので
(貧血など)
手術前日の入院ですみました。

だいじょうぶだよ!と
人それぞれ、症状や進行状態も違うだろうから
言えないけど

私のように思っていたよりも
いろいろと少ないダメージですむ人もいるので
もしかして?と思っている人は
早く病院に行って欲しいです。

もうすぐ閉経するから
生理が前と違ってきたのかな?なんて
思っている人は病院にいってください。

ちなみに、私はもともと生理は軽かったのに
量は少ないけど日数が多くなって
そのうち、量も多くなってきて
だらだらといつまでも終わらなくて
という状態でした。

今現在の私は
まわりから、がん詐欺
ふざけていわれているほどです。
元気です。

元気だけど、冷え性になってしまったり
ホットフラッシュが出たり
それなりに前とは同じではないけれど

まぁ、充分、元気だと思います。
posted by めぐ at 08:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
スポンサーリンク